【魔のイヤイヤ期2.3歳】保育園ででの言うことを聞かない子どもに対する3つの関わり方

子どものイヤイヤ期は誰もが通大切な成長過程です。しかし、その対応をする大人にとっては大きなストレスの原因にもなり、頭を悩まされますよね。

子どもの気持ちを受け止めながら丁寧に関わっていきたいけど、保育園だと他の子も見ないといけないし、保育を進めていかければいけないし保育者の方も余裕がなくなってしまうと思います。

そこで、イヤイヤ期の子どもと接する中で、その子とより良い関係を築いていくためにできる3つの方法をご紹介します。

  • 泣き叫んでいたら無視する
  • その子に自分のことを好きになってもらう
  • ご褒美を用意する

この3つを実践することで、一杯いっぱいになっていた気持ちが楽になったり、子どもが素直にあなたの話を聞き入れてくれるようになることがあります。

イヤイヤ期の子どもとの3つの関わり方

2.3歳頃になると子どもたちはイヤイヤ期を迎え自己主張が激しくなったり、すべてのことに対して「イヤ!」と言ったり、泣いて怒ることが多くなってきます。

しかし、子どもの言う「イヤ」という言葉が本当に「イヤ」と思っているわけではないことが多くあります。

例えば、みんなで遊んでいて順番に並ぶよう注意した時に、注意されたのが嫌で泣いたとします。

その後、保育者が「○○君の順番が来たからしていいよ」と言っても、「いや!しない!」と本当は遊びたいのに拒否することがあります。

そんな子どもの気持ちを理解したうえで、子どもと関わっていかなくてはなりません。

子どもはこのイヤイヤ期で、大人に反発しながら自分の気持ちをコントロールする方法を学んでいっているのです。

また、イヤイヤ期は第一反抗期とも呼ばれ自我の育ちの現れでもあり、精神的な成長でもあるのです。

子どもにとって大きな成長と言われても、関わる大人からしたら言うことを聞かない子どもの相手を毎日するのは大変だと思います。

そこで、私が実際に保育園でしているイヤイヤ期の子に対する対応をお話ししていきます。

  • 泣き叫んでいたら無視する
  • その子に自分のことを好きになってもらう
  • ご褒美を用意する

この3つのうち1つだけを実践し続けてもうまくいかないので、その時の状況や子どもの気分に応じて対応を変えていくようにしてください。

泣き叫んでいたら無視する

まず1つ目は「泣き叫んでいたら無視する」と言うことです。

「子どもを無視するってひどいんじゃないの?」と言う方もいらっしゃると思いますが、すべきではない行動、してほしくない行動を無視することは子どもと関わる上でとても大切な方法なのです。

子どもが泣き叫ぶ時の子どもの心理としては、

  • どうしても今したいことがしたい
  • 大人に構ってほしい
  • 自分の思いを通したい
  • 泣いたら言うことを聞いてくれるかな

などの思いがあります。

子どもを健やかに成長させるには、全ての欲求に応えるわけにはいきません。

先ほども、お話したようにイヤイヤ期を乗り越え我慢することを学びながら、自分の気持ちをコントロールする術を知っていくのです。

イヤイヤ期初めの頃は、保育者はどうして泣いているのか聞いたり、気持ちを代弁したりして泣き止ませようとすると思います。それは間違いではありません。

しかし、毎回構っていると子どもは許してもらうため、相手にしてもらうために泣くようになってしまいます。それでは精神的な成長を促すことはできません。

また、今まで構ってくれていたのに、ある日構ってくれなくなると子どもは考え、もっと大きな声で泣いたら構ってくれるんだと思い強く泣くようになります。

その場合また、相手にして子どもの思いやわがままを許してしまうと「泣いたら許してくれる。思いを通せる。」と学習してしまいます。

そうならないために、可愛い子どもを無視することは辛いかもしれませんが、心を鬼にしてその子の安全は見守りながら泣いていても相手にしない、無視するという方法とるようにしてください。

自分で泣き止めるまで放っておき、他の子達と保育を進めていくと、自然と泣き止みすべきことを自分からしてくれるようになります。

初めのうちは、自分で泣き止むことができ話を聞ける状態になったら泣き止むことができたことを褒めてあげてください。

そして、落ち着くことができたら話をしてすべき行動ができるよう、援助してあげてください。

徐々に子どもは成長して、泣いても意味がないと分かればイヤイヤ期も落ち着き保育者の話を素直に聞き入れてくれるようになります。

ですので、適度に無視という方法を取りながら子どもと関わっていってください。

その子に自分のことを好きになってもらう

イヤイヤ期の子に対して何を言っても聞き入れてもらえないのは、その子との関係がうまく築けていないことが原因の一つにあります。

クラスにはたくさん子どもがいて全員と信頼関係を築くことは、難しいですよね。

特に、進級して間もないうちは仕事もたくさんあるし、生活の流れを一つひとつ説明したり声かけをしたりしなければならなくて、1日があっという間に過ぎていってしまうと思います。

信頼関係が築けていないうちから、自分の思うように子どもを動かせようとしてもできないのは当たり前です。

ですので、まずは子どもにとってあなたが大好きな先生になってください。

子どもにとって大好きな先生というのは、安心できて信頼できる存在です。大好きな先生の言うことは素直に聞き入れられるという子は多くいます。

大好きな先生になるためには、意識してその子と自由遊びの時に一緒に遊んで、とにかく楽しい時間をたくさん過ごしてください。

そして、メリハリをつけることも忘れないでくださいね。全てを許してしまうのではなく、遊ぶ時は思いっきり遊び、してはいけない行動を子どもがした時は叱るということを意識して子どもと関わるようにしてください。

そうすることで、信頼関係を構築することができ、その子とも関わりやすくなっていきます。

私も、イヤイヤ期の子どもを担当した時は、まずは楽しい時間を過ごすことを意識して関わるようにしています。

一緒に遊んでスキンシップを多くとり、子どもに自分のことを好きになってもらうことを第一ステップにしています。

私が担当していた子もはじめのうちは、泣きだしたら手が付けられないほどで、手あたり次第周りにあるものを投げるような子でした。

しかし、室内ではごっこ遊びを一緒にしたり園庭では、追いかけっこをしたりして楽しい時間をたくさん過ごしました。

すると、少しずつ泣き始めても私が対応すると落ち着いてくれるようになり、落ち着いたときに物は投げてはいけないことを伝え続けたので、物を投げることもなくなりました。

そして、関わる時間が長くなるほど、良い関係ができてきて話を聞き入れてくれるようになりました。

ご褒美(楽しいこと)があることを伝える

3歳頃になると先の見通しがつくようになってきます。

その場合、ご褒美になるものを用意しておくと子どもはそのご褒美に向かって、すべきことをしてくれるようになります。

「もので子どもを釣るのは良くないんじゃないの?」という意見があると思います。ですが、大人でも何かしらの楽しみ、ご褒美になるものがあって仕事や勉強を頑張っていますよね。

例えば、仕事に行きたくないけど今日頑張ったら明日は休みだと思って頑張る、という場合です。大人は自然と自分の中で、頑張る理由を見つけて精神を上手く保って毎日過ごしています。

子どもは、自分で見通しをつけて気持ちをコントロールすることはなかなかできません。

だから、大人が「○○をしたら○○があるよ」と楽しみなこと、子どもにとってご褒美になることを伝えて、頑張れるようにしていくということが必要なのです。

ご褒美というものは、物でなくても構いません。トイレに行くことを嫌がっているのであれば、「トイレに行ったら外に遊びに行くよ」と伝えて楽しみにのために頑張れるよう働きかけることができます。

子どもは、大人に抱きしめてもらうことも好きなので「○○したらギューしてあげるよ」と伝えると、素直に聞き入れて行動してくれる子もいます。

先の行動が見えなくて不安になっている子もいるので、活動の流れを事前に伝えるということも大切なのです。

そして楽しいこと、ご褒美があることを伝えて頑張る理由をつくってあげてください。

まとめ

イヤイヤ期の子どもとの接し方で重要なのは以下の3つでした。

  • すべきではない行動をした時は無視をする
  • 子どもに自分のことを好きになってもらい信頼関係を構築する
  • 頑張れば楽しいことがあると伝え見通しをもてるようにする

無視をすることもひとつの保育方法です。子どもからの反応を全てを相手にしていては保育を進めることはできません。

泣き叫びモノを投げたとしても、子どもに危険が及ばない限りは無視をするようにしてください。

危険がある場合はすぐにやめさせて、投げるものがないところに子どもを移動させるか叱るようにしてください。

子どもは泣いても意味がないと分かれば泣くのをやめて行動してくれるようになります。

泣いて意味がないことを学習させるために、精神的に子どもが成長するためにも無視をすることは必要なのです。

子どもが健やかに育つためには、信頼関係を築くことができた大人の存在が必要です。信頼関係を築くためには、楽しい時間を一緒に過ごし子どもに好きになってもらわなければいけません。

子どもに好きになってもらうことで、自分の話を子どもが聞き入れてくれるようになります。

ですので、良い関係を築いていくためにもまずは子どもに好きになってもらってください。

そして、信頼関係が築けたら見通しの持てる声かけをしながら、ご褒美があることを伝えてあげてください。

そうすることで、子どもは頑張る理由を見い出すことができ、保育者の話を聞き入れてくれるようになります。

イヤイヤ期は保育者にとっても大変な時期だと思います。イライラもするでしょうし、対応しきれないと思います。そんな時は、自分だけでどうにかしようとせず、他の保育者にも頼りながら関わっていってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA