プリスクールと普通の保育園の英語以外の違いは?費用は高額?

「プリスクールていうのが最近話題になってきているけど、普通の保育園と何が違うの?」
「そもそもプリスクールって何?」

どうもプリスクールで働いている保育士のゆかっぱです。

最近人気になってきてるのが、英語のみを使って過ごす保育園のプリスクールです。芸能人の子どもが通っているイメージですが実は地方でも結構あるんです。

この記事を読むと

  • プリスクールと普通の保育園の違い
  • プリスクールではどのくらいの費用が必要なのか
  • どんな1日の流れで過ごしているのか

などを知ることができます。プリスクール選びを失敗しないために、最低限の情報は知っておきましょう!

プリスクールとは

海外のプリスクールは日本でいう普通の保育園です。しかし、日本のプリスクールは英語のみを使う環境の中で、遊んだり生活指導を行ったりする施設です。

普通の保育園は子どもの健やか成長を目的としますが、プリスクールはそれに加え英語の習得も目的としています。

受け入れ年齢や、預かり時間は園によって様々です。幼稚園のように、13時、14時くらいまでのところ、普通の保育園のように、早朝から夜の19時くらいまでのところもあります。
預かり年齢も、1歳~のところや2歳にならないと入園させられないところもあります。
私の保育園は、市から認可され子ども園として運営しているため7:30~19:00。1歳半から入園可能となっています。
つまり、普通の保育施設との大きな違いは施設内で使う言語が英語ということです。

プリスクールと普通の保育園との違い

プリスクールと普通の保育園で違うところを表にして比べながら説明していきます。

プリスクール 普通の保育園
言語 英語 日本語
主体的に保育を進める保育者 ネイティブの先生 日本の保育者
部屋の掲示物 英語表記 日本語表記
園で習うこと アルファベット・英単語 ひらがな・カタカナ

見てわかるように、日本語が使われている所は全て英語になっています。

Good morning.から始まり、降園のSee you.まで英語を話して過ごしています。活動の説明や指示、製作の作り方も全て英語で行われます。
例えば、「トイレに行こう!」という声かけでも「Let’s go to the bathroom!」と英語で行います。おしっこやうんちも英語で、「Did you pee?」「I poo!」と表現するのです。

保育を進めるのは、日本人の先生ではなくネイティブの先生

ネイティブの先生が主体的に保育を進めます。それはネイティブの発音や言い回しを子どもが吸収したり、理解したりできるようになるためです。

日本人では長期間の留学経験がなければ、本場の発音やフレーズを身につけることは難しい。そのため、子どもにはできるだけ留学しているのと同じように英語を吸収してほしいという思いから、ネイティブの先生に保育を進めてもらっています。

といっても、1日の活動内容を考えるのは子育てのプロである保育士なので安心してください。

保育室の掲示物や絵本も英語

保育室の掲示物など、子どもの目に止まるものは全て英語で書かれています。掲示物というものは、クラスの子を紹介している壁面やその月の歌の歌詞などです。ローマ字で子どもの下の名前で掲示しています。

また、ホワイトボードの曜日を書く欄は(Mon)や(Tue)と書いていたり、1日のスケージュール表も英語で表記されています。

園では2歳児からアルファベットや英単語を学ぶ

日本語の保育園であればほとんどの場合、年中、年長からひらがなを習います。しかし、英語の保育園の場合は2歳児からアルファベットや形、色の英語を習い始めるのです。

アルファベットはA〜Zまでワークシートを使用しながら勉強していきます。形は三角をTriangleと言ったり、丸をCircleと言ったり。色も赤をRedと言うようにワークシートを用いて学びます。

先生の呼び方が違う

私がプリスクールに入って驚いたことの1つが名前の呼び方です。日本語の保育園は名字で○○先生というところを、英語の保育園では下の名前で呼び捨てで呼ぶのです。

外国でも先生の名前を呼ぶとき、名字で呼ぶことは少なくほとんどの場合下の名前で呼びます。そのため、外国の文化を用いて下の名前で呼び合うようにしています。

先生と子どもの距離が近く感じて私はいいなと思いました。

子どもに英語で話すよう年齢に合わせて求められる

日本語の保育園では、強要することは何もありません。プリスクールでは英語を話せるようになることを目的の1つとしています。

そのため、園で過ごしている間は英語を使うよう子どもたちに繰り返し伝えています。

留学に行ったとき日本語が通じず、必死で英語で自分の意思を伝えようとしますよね。年中、年長になってからは日本語での意思表示は先生には通じないという態度を取り、英語で自分の意思を話すように伝えているのです。

例えば、このような場合です。

子「タオルを忘れた。」
先生「English please.」
子(英語での言い方が分からない場合)
先生「You can say,”I forgot my towel.”」

と英語の言い方を伝えます。このように、使う言語が違うだけで日本語の保育園と環境が大きく違っているのです。時には、日本語を子どもが使いすぎた場合叱られる場合もあります。

プリスクールの1日の流れ(延長保育がある場合)

これは3歳児クラスの1日のスケジュールです。

8:30 登園
9:30 朝の集まり(全クラス合同)
9:50 グループレッスン(全クラス合同)
10:20 朝の集まり
レッスン
製作
自由遊び
11:30 給食
12:30 自由遊び
13:10 お昼寝
15:00 起床
15:30 おやつ
自由遊び
16:30 降園
  • 全クラス合同の朝の集まりでは、朝のあいさつをした後、月、曜日、天気を確認します。その後、Monthly songと言われるその月の歌を全員で何曲か歌います。
    グループレッスンというものは、みんなの前で2名の園児が自分のお気に入りのものの紹介スピーチを英語で行います。
    そして毎日、新しい英単語を学びます。これらを終えると各クラスに戻っていきます。
  • 各クラスに戻ってから簡単に朝の集まり(あいさつや出席点呼)を行い活動に移っていきます。
  • 活動内容は週に2回レッスンがあり、レッスンでは年齢に応じた英語の勉強をしています。
    例えば、2歳児クラスだとアルファベットのワークシートをしたり、色を英語で学びワークシートの色塗りをしたり。レッスンを行わない3日間はルールのある遊びをみんなでしたり、製作活動を行ったりしています。
  • 朝の活動を終えると、昼食を食べ午睡をします。昼からの活動は特になく、おやつを食べ自由遊びをしながら保護者の迎えを待つという流れになっています。

これらがプリスクールの1日の流れです。この流れを全て英語で行います。

プリスクールの費用は高額なのか

プリスクールって教育費がかなり高額なイメージがありますよね。そのイメージは間違っていません。

普通の保育園や幼稚園に比べると、英語を学べる分費用がプラスでかかります。ただ、そこの保育園が認可保育園なのかによって変わってくるのです。

認可外だと保育園側が自由に入学金、保育料を決められるので高額になってきます。認可外だと地方の田舎のところでも、入学金20万くらいかかると聞きました。

都会になるとさらに金額は高くなりますし、会社の有名度、店舗数によっても高いところはかなり高くなってきます。教育費というのが高く月10万月謝がかかるところもあるようです。

認可になると保育料は国、市で定められた額になるので親の所得によって安い人もいれば高い人もいます。

認可保育園の場合は、保育料は市が定めた金額になりほかの園と変わりはありませんがプラスで教育費がかかってきます。それは、英語の環境をつくって提供し外国人の先生も在籍しているからです。

その教育費というのが高いのでプリスクールの料金が高額だと言われているのです。

参考までに私の勤めている保育園の料金をまとめましたのでご覧ください。

利用子どもが居住する市町村が定める利用者負担(保育料) それぞれの家庭による
入園金(入園準備金、施設整備費、教育内容充実費) 150,000円
年間施設費 15,000円
年間英語教育費 15,000円
英語教育費(英語教育にかかる特定職員人材費) 25,000円

保育料により月に払う料金が合わせて10万円近くなる人もいます。

園によって教育費は異なりますので興味のある園がありましたら直接そちらに問い合わせてみるのがよいでしょう。

プリスクールに通って子どもが得られる効果

プリスクールに通うと、もちろん英語を話す能力を得ることができます。

ネイティブの英語のスピードについていける英語耳。英語を日本語に変換せずに、英語を英語で理解できる英語脳。本場の発音などまさに留学したかのようなスキルを身に着けることができるのです。

プリスクールに通うデメリットについては、こちらの記事に詳しくまとめているので入園前にご覧ください。

プリスクールと普通の保育園の違いのまとめ

プリスクールと普通の保育園の違いは使う言語が英語ということが分かりましたね。英語を学ばせたいという思いから保護者は子どもを入園させています。そのため、主体的に活動を進めるのはネイティブの先生で、日本人の保育士が計画を立てています。

プリスクールの費用が高いというのも、本当で普通の保育園に比べて英語分の教育費が上乗せされます。
おすすめは、認可が降りているプリスクールに入園することです。
保育料は他の保育園と同じになり、教育費だけが変わるので他の認可外のプリスクールよりは安く抑えられます。認可でない場合、園が自由に保育料を決められるので高額になってしまう場合があるからです。

子どものしんどさとして、プリスクールだと英語で話すことを強要されてしまうことです。子どもが英語を嫌だと感じた時に、辞めさせて他の保育園に行くこともあるということを理解した上で入園させてほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA