【必読】インターナショナルプリスクール・英語保育園に通っている子の親が家庭ですべきこと

 

インターナショナルプリスクールに通わせているけど親が家庭ですべきことは何?
英語の勉強?塾に通わせる?

インターナショナルスクール・英語の保育園に通わせている親がすべきことは何があるのでしょうか?

インターナショナルスクールに通わせ英語を話せるようになるためにも小学校に行って子どもが困らないためにも家庭での親の子どもへの接し方がかなり重要になってきます。その重要性についてお話ししていきます。

そうしないと、英語が育つどころか日本語すらも発達段階にあった力がつかず子ども自身がつらい思いをしたり困る経験が増えてしまったりするからです。

こんなにも重要なことがあるのにも関わらず間違った考え方をしている保護者さん達がたくさんいます。

この記事は、現在インターナショナルスクール=英語の保育園で働いている保育士が保育士目線で保護者に家庭でしてもらいたいことをお話ししています。

子どもの英語力を育てるために必要な能力

 

子どもの英語力を育てるために必要なのは?
単語力?ヒアリング?

どれも子どもを思い子どもの英語力を育てるためにしてしまいそうなことですが実はどれも不正解です。

子どもの英語力を育てる基本は日本語力。

日本に住むほとんどの子の第一言語は日本語でしょう。第一言語である日本語がしっかり出来ていないと英語力の向上は期待できません。

なぜかというと第一言語である日本語が育っている=話す力があるということだからです。
話すというのは文章を組み立てる、自分の思いを文にして相手に伝えるということであり語彙数ということではありません。

日本に住んでいる限り英語力が日本語力を上回ることはありません。日本語での文の作り方が分からないのに英語で自分の言いたいことを文にするなんてできませんよね。だから英語力を高めるにはまず日本語力を上げると言ことが必要なのです。

大体の親の間違った考え方

インターナショナルプリスクールに子どもを通わせる保護者さんは、「英語を話せるようにさせたい!」という一心で塾や英語の動画を見させたりしてしまいがちです。
「少しでも英語の環境に子どもを置かせてやらないと!」と思ってしまいそうですが、それは間違っています。

先ほども言ったように子どもの英語力を育てる上で大切なものは日本語力を上げることです。

保育園では英語でしか話しかけられず、家でも英語を与えられ一体どこで日本語を学ぶのですか??

第一言語が未完成のまま大きくなってしまっては、自分の意思を伝えることができず友達関係も良好に築くことができず子どもがつらい思いをするだけになってしまいまうのです。

私の保育園にも園では英語を与えられ家でも英語を与えられていた子がいました。

その子はもともと英語が得意な方ではなかったので「もっと英語力をつけてやりたい」と思った親は保育園の時から塾に通わせていました。

また両親が共働きだったため家でお母さん、お父さんと常に遊んでもらえる機会が少なく日本語力も同じ年齢の子に比べると低くやり取りがうまくできない状態でした。

やり取りというのは言葉のキャッチボール、コミュニケーションが取れないということです。

例えば、「昨日何して遊んだの?」と聞いても質問に合った答えが返ってこず「パン食べた。」や「アンパンマンのおもちゃ家にあるよ」など全く関係のない答えが返ってくる状態です。

毎回ではなくとも、やり取りができないことが何回かあると話す力が十分に育っていないということです。

このやり取りは大体3歳になるころには完成するので、3歳をすぎてもコミュニケーションが取れていない場合は、毎日繰り返し子どもに質問をしながら会話を楽しむということを試してみてください。

インターナショナルスクールに通っている子の親がすべきたった一つのこと

どうしても「うちの子は英語の保育園に通っているから家でも特別なことをしなくては!」と思ってしまう方が多いです。しかし特別なことをする必要はひとつもないのです。インターナショナルスクールに通っている子の親が家庭ですべきことは何なのでしょう?

  • 英語の塾に通わせること?
  • 英語のアニメを見させる?
  • 一緒に英語の勉強をする?

いいえ。違います。親が家庭ですべきことたった一つで簡単です。それは、

子どもと日本語で会話したくさん遊ぶこと

これだけです。先ほどもお話ししましたが、子どもと言葉のやり取りをするということがかなり重要です。

例えば、お店やさんごっこ。店員さんとお客さんになりきりやり取りを行います。

親:「ドーナツひとつください。」
子:「はいどうぞ。」
親:「いくらですか?」
子:「○○円です。」
親:「おすすめのドーナツはありますか?」

と言った簡単なやりとりの中でも子どもたちは言葉の学んでいます。

最近は共働き夫婦が増え当たり前のことができない家庭が多くなってきました。

あなたは、子どもに何時間も動画やテレビを見させてはいませんか?実際私の保育園でも家で親に遊んでもらえていない子がたくさんいます。子どもの口から「YouTube」「アマゾンプライム」という言葉を聞くようになったくらいです。

英語の動画を見ていたとしてもある程度の英語力が身についてもその先の向上が見られません。

一定のところで止まってしまうのです。

そうならないためにも、家に帰ってから家事など忙しいとは思いますが30分でもいいので子どもと顔を合わせて会話をしながら楽しく遊ぶ時間を作ってあげてください。
子どもはすべてのことを遊びから学びます。日本語力を上げるためには遊ぶという経験が必要不可欠です。

保育園でも「遊びの中の会話」というものに重きを置いているくらいです。
園でも特にごっこ遊びを1週間の遊びの計画の中に組み込むようにしています。なぜかというとごっこ遊びには必ず言葉が必要だからです。

先ほども例に挙げた、お店屋さんごっこやお医者さんごっこは必ず人を相手にします。そういった、やり取りの中に保育者も混ざり子どもから言葉を引き出したりやり取りの仕方を遊びながら子どもたちに示していくのです。

そういった楽しい経験の中で野菜の名前、やりとりの仕方、モノの名前を子どもたちは覚えていきます。

ですので、英語を習わせるよりも先に子どもと顔を合わせて遊ぶということをしてあげてください。

ただ子どもは保育園でたくさんの英語を吸収して帰ってきますので家でも自然と英語が出たりします。その子どもの発言を理解して会話を続けるためにも、子どもに「お母さんにいっても伝わらないや。」と思われないためにも保護者さんたちには保育英語をある程度理解しておいてくださいね。

まとめ

  • 子どもの英語力を育てるために必要な能力は日本語力
  • 大体の親の間違った考え方は家庭でも英語の環境、英語に触れる機会を増やそうとしていること
  • 親が家庭ですべきことことは子どもと顔を合わせて日本語で会話をしながら遊ぶこと

ほとんどのお母さん、お父さんは英語の保育園に通っているのだからと思い英語の本を読ませたり、英語の動画を見せようとします。しかし、そのようなことをする必要はないのです。

なぜなら、子どもの日本語力が育たないと英語力が向上することはないからです。日本語力というのは話す力がということであり、会話する力、自分の思いを伝える力ということでもあります。

その力が育っていないと英語で文を組み立てることができず英語力も一定のレベルでストップしてしまいます。そうならないためにも日本語力を育てるということが大切になってくるのです。

その日本語力を育てるのは親の役目です。親が家で子どもと顔を合わせて向き合い会話をしながら遊ぶだけで子どもの話す力を育てることができます。「話す力!日本語力を育てないと!」と力む必要はありません。ただ子どもと楽しくごっこ遊びや絵本を読んで遊ぶというだけでいいのです。

ですのでインターナショナルスクールに通っている子の親が家ですべきことは子どもと会話をしながら遊ぶということでした。

英語力を上げさせたいがためについつい家庭でも英語の環境を与えてしまいそうですが、英語力を上げるのに必要な能力を理解した上で子どもと毎日を過ごしていってほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA