【3歳からのトイトレ】 3歳になったのにトイレでおしっこできそうにない!

「子どもが3歳になったのに全く排泄自立できそうにない。」と悩んでいるお母さん達多いのではないでしょうか。

周りを見れば同い年の子達はみんな、オムツが取れてウンチもトイレでできるようになっていて焦ってしまうと思います。

しかし、焦る必要はありません。必ずオムツは取れます。そして、3歳をすぎ4歳を目の前にしてやっとオムツがとれるという子は多くいます。

排泄自立には、個人差が大きくあるので心配する必要はありません。

本記事では、3歳を過ぎてもおむつがとれていない子の様子、トイレトレーニングを始めるタイミングと始め方についてお話ししていきます。

3歳を過ぎてもオムツで過ごしている子の様子

3歳を過ぎてもオムツで過ごしている子は、先ほどもお話ししたように多くいます。

オムツを替えるたび、オムツはおしっこでパンパンになっていたり、トイレでおしっこが出なかったりだと思います。

しかし、3歳になったからと言って心配する必要はありません。大体の目標として、4歳の誕生日を目指してオムツが取れるようにトレーニングを始めていきましょう。

私の担当した3歳児クラスの子の中にも

  • みんなでトイレに行く時にオムツを見ると常におしっこが出ている
  • オムツが濡れていても何も言わない
  • トイレでおしっこが出ない
  • トイレに行きたがらない

など、いつトイレに自分で行けるようになるんだろうと思うような子はたくさんいました。

このような子は沢山います!だから心配しなくても大丈夫!

トイレトレーニングを始める4つのタイミング

始めるタイミングとしては、

  1. 子どもがトイレに興味を持ち出したら
  2. トイレに座ったり立った時におしっこが出たら
  3. オムツを濡れる回数が減ってきたら
  4. お母さんお父さんに余裕ができたら

この4つがあります。

始めるきっかけのハードルは意外と低いのです。

子どもの心の成長に合わせて始めたり、保護者の方の都合で始めたりと様々です。

子どもがトイレに興味を持ち出したら

例えば、他の子がトイレに行っている姿を見たり、お母さんがトイレに行く時に「僕も行く!」とついてきて、おしっこが出なくてもしようとすると姿が見られだした時です。

これは、自分も大人やお兄さんになりたいという思いがでてきて、おしっこはトイレでするということがわかってきたということです。

また、子どもの遊びの中で人形にトイレをさせたり子どもの口から「おしっこやうんちはトイレでする」というような言葉がで出したときは、トイレトレーニングを始める大きなチャンスです。

このような姿が見られたときは、子どもがしたいようにトイレに座らせてあげたり、トレーニングパンツを用意してあげると、子どもは喜んでトイレに行ってくれるようになります。

そして、「トイレでおしっこしたい!」「僕はお兄ちゃん!」という思いが芽生えだし、オムツでおしっこをすることに抵抗を持ってトイレでしてくれるようになっていきます。

トイレに座ったり立った時におしっこが出るようになり、オムツが濡れる回数が減ってきたら

3歳になると、定期的にトイレに行くように声をかけていると思います。保育園でも決まった時間に、オムツの子でもトイレに座る習慣をつけさせるために声をかけています。

そこで、トイレに座ったり立てったりしたときにおしっこを出すことができる回数が増えてくると、トイレトレーニングを始める合図なのです。

トイレに誘ったタイミングで出るようになり、オムツが濡れる回数も減ってくると、確実にトイレトレーニングを始めてもいい状態にあると言えます。

トイレでおしっこをできるようになってきたということは、出すという感覚がわかってきている証拠です。

ですので、トイレでおしっこができる回数が増えてきたらトイレトレーニングを始めてあげてください。

・お母さんお父さんに余裕ができたら

トイレトレーニングは保護者の方の協力が必要不可欠です。洗濯物が増え、家の様々なところでお漏らしをしてしまい掃除をしなければならなくなります。

保護者の方の仕事が忙しかったり、余裕を持って子どもと向き合えないうちはトレイトレーニングは控えておいた方がいいでしょう。

ですが、保護者の方に気持ちの余裕でてきた時や、長期休暇がある場合はトイレトレーニングを始めるのに良いタイミングです。

子どもを細めにトイレへ誘うことができます。

そして、時間にも追われていないので、子どもが漏らしてしまっても自分の感情で怒ってしまうことも減り、子どもにとっても良い環境をつくることができます。

ですので、保護者の方の気持ちや時間に余裕ができたときにトイレトレーニングを始めるのも一つのタイミングです。

トイレトレーニングの始め方と注意点

トイレトレーニングの始め方は、トレーニングパンツを履かせてトイレに誘うだけです。

トイレトレーニングは5つのステップで行なっていきます。

  1. 短時間から始める(午前中や3時間だけなど)
  2. 少しずつ時間を伸ばす
  3. お昼寝や夜もパンツで過ごす
  4. 1日パンツで過ごす
  5. 完了

まずは、パンツを履いて過ごす時間は短時間にします。

自信をつけるために失敗しにくい短時間にしてください。

いきなり1日パンツで過ごすと、何度もパンツを濡らしてしまい子ども自身がトイトレを嫌になってしまう可能性があるからです。

3時間や起きて朝ごはんを食べてからお昼寝までの間など、短時間で行なっていってください。

そして、濡れる頻度が低くなったら少しずつパンツで過ごす時間を伸ばしていきます。お昼寝や夜中は1番最後のステップです。

お昼寝や夜中はパンツを履いている意識がなくなってしまい、いつも通りおしっこをしてしまうことがよくあるので、日中濡らすことが減ってきてから挑戦していくようにします。

また、初めのうちはおしっこが出る間隔が短いのですが、徐々におしっこを貯められるようになってきて排尿の間隔も長くなり、おねしょもしなくなります。

また、排便の自立も最後になる場合が多いです。恐らく初めの頃は、パンツにしてしまうと思います。

毎回洗うのも大変でお母さん方も嫌になってしまうと思いますが、必ず自立できます。そしてその日は突然やってきます。

子どもを信じて、パンツでうんちしてしまった時は優しく、うんちはどこでするのかについてお話をしてあげてください。

注意点

注意点としては、

  • お漏らしをしてしまっても強く怒らないこと
  • トイレが怖いという印象をつけないようにすること

まず、お漏らしをしてしまっても強くおこらないこと、について説明していきます。

お母さん方の、予想外のところでおしっこされたりカーペットを汚されてイライラしてしまうのは分かります。

しかし、怒りのまま子どもに怒ってはいけません。毎回怒っていると子どもはトラウマになり余計におしっこに行きたいことが言い出せなくなり、自立を遅らせてしまう危険性があります。

また、子どもはわざとにしているわけではないので、それで強く怒られるのはあまりにもかわいそうですよね。

ですので、失敗してしまっても「次頑張ろう」というような声かけをしてあげてください。

もう一つの注意点は、使うパンツは分厚いものではなく薄い普通のパンツを使用するということです。

トレーニング用の3層、5層になっている分厚いパンツは吸収しすぎて、おしっこが出てパンツが濡れたという気持ち悪さを感じにくくなってしまいます。

トレーニングパンツを買う際には薄い自立してからも履けるようなものを買うようにしてください。

このような薄いパンツがおすすめです。
これは、実際に私のクラスの子がトイレトレーニング中に履いているパンツです。

そうすることで、足におしっこが流れてしまう気持ち悪さを感じることができ、自立してからもそのパンツを履き続けることができます。

次に、トイレが怖いという印象をつけないようにすることについてです。

家でトイレトレーニングを進められない理由として、家のトイレが怖いからという理由で便座に座りながらない子がいます。

保育園のトイレよりも、便座が高かったり、穴が大きかったりして落ちそうになり怖いと感じてしまう子が多くいます。

これらを解決する道具として、以下のものがあります。

  • コンビ トイレトレーニング ベビーレーベル おまるでステップ レーベルオレンジ

こちらの、おまるは便座に取り付けることができ、さらに下の部分が足台になるので、便座の高さ、便座の大きさの問題を解決してくれます。

このおまるは、私の保育園でも使用していて1日何十回も様々な子が利用していますが、3年以上壊れることなく使い続けられています。

  • 補助便座 折りたたみ 携帯便利 子供用 幼児用便座

こちらの、おまるは折りたたみ式になっているので、日常的に家で使うこともでき、また外出先でも使うことができるので外出先でも、継続してトイレトレーニングを進めることができます。

足の踏み台は、ホームセンターやスーパーにも売っているものでいいと思います。

このような、子どもが好きな、キャラクターの物を用意してあげるのもいいですね!

まとめ

トイレトレーニングを始めるタイミングと、トイレトレーニングの進め方は以下の通りです。

始めるタイミング

  • 子どもがトイレに興味を持ち出したら
  • トイレに座ったり立った時におしっこが出たら
  • オムツを濡れる回数が減ってきたら
  • お母さんお父さんに余裕ができたら

進め方

  1. 短時間から始める(午前中や3時間だけなど)
  2. 少しずつ時間を伸ばす
  3. お昼寝や夜もパンツで過ごす
  4. 1日パンツで過ごす
  5. 完了

まずは、短時間から始めて子どもがトイレトレーニングを嫌いになってしまわないように、言動や態度には気をつけて関わってあげてください。

自信がついていけば、子どもは一気に成長します。たくさん褒めて失敗しても生理現象ですので責めずに、時間はかかるものだと思って付き合っていってあげてください。

もちろん、進め方や始めるきっかけは人それぞれだと思います。ですが、いつ始めたらいいのかわからないという方の一つのきっかけになればと思っています。

私が保育士として見ていたクラスの子も、常にオムツがパンパンでオムツが取れる気配は全くなかったです。

しかし、意外とトイレトレーニングを始めてみると、お姉ちゃんになった気分でトイレに行ってくれて漏らすこともほとんどなくなりました。

パンツを履かせてみると意外とスムーズに、オムツが取れたという子はたくさんいますので、お母さんお父さんも心配しすぎず子どもたちを見守っていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA